SOLOの活用法

┃考えるツールとしてのSOLO
ビジネスでは、世の中のあふれる情報を理解し、そこから「何が起こっていて、問題はどこにあるのか」、「その問題はどうすれば解決できるのか」、「解決のため具体的には何をすれば良いのか」ということを日々考えることが求められています。

しかしながら、一生懸命に頭で考えてはみるものの、そこからさらに深く考えを掘り下げたり、広げていったり、更にその考えをまとめるというのはなかなか難しいことです。

考えるためのツール「SOLO」を使えば、簡単に頭の中にある考えを、図、表、グラフにして目で見える形で表現することができます。
わかりやすく表現された考えをもう一度じっくり見てみることにで、そこから考えを発展させ、まとめるあげることが容易になります。

┃プレゼンテーションのツールとしてのSOLO

社内のプレゼンテーションや顧客への提案では、メッセージを効果的に相手に伝えることが重要です。

しかしながら、どんなに素晴らしい考え方を持っていても、伝えたいメッセージをきちんと表現して理解してもらうことができなければ、結局的にはその価値を大きく下げてしまうことにもなりかねません。

プレゼンテーションのツールである「SOLO」を使えば、相手が理解しやすい資料を作成することができます。

これまで伝える順序がばらばらだったり、ページごとにフォーマット異なり見づらかった資料も、SOLOのストーリーボード画面で全体のストーリの流れを調整し、ページエディター画面でシンプルな表やグラフなどを使ってすっきりとしたフォーマットのページを作成すれば、全体の構成に流れのあり一貫性のとれた、美しく分かりやすい資料に仕上げることが可能となります。

soloZu

┃使用したユーザーの感想
・パワーポイントでは作れない、積み上げ/積み下げグラフなどが素晴らしい。
・SOLOを使い始めてから、ただ、資料を作るのではなく、人に理解してもらうこと、人を説得することを意識できるようになりました。まさに考えるためのツールです。
・一度使い慣れてしまうと、他のアプリケーションでは満足できなくなります。
・エクセルが得意でなくても、美しいグラフが簡単に作れます。
・コンセプトのテンプレートが沢山あって、どれを使おうか、楽しみです。