代表取締役 齋藤顕一

 

国際基督教大学卒、大阪府出身
1975年 マッキンゼー・アンド・カンパニー入社
1987年 同社パートナー
1995年 同社退社
1996年 株式会社フォアサイト・アンド・カンパニー創立。代表取締役に就任
2005年 ビジネス・ブレークスルー大学院大学教授就任
2010年 ビジネス・ブレークスルー大学教授就任
2016年 ビジネス・ブレークスルー大学・大学院教授退任
2017年 一般社団法人問題解決力検定協会設立。代表理事に就任
 
  
医薬品メーカの製品市場戦略、化学会社の販売・研究開発戦略、私立大学の競争力強化策、地方自治体の活性化策、分析機器や機械装置メーカーの販売・製品開発戦略、アパレル会社の全社戦略など、幅広い業種の企業・組織に対してコンサルティングを提供。問題解決研修では、顧客企業のスキルレベルや期待値を理解したうえで講義資料を作成し、顧客企業の特定テーマを課題として取り上げることで学びの効果を高めている。また、参加者からの提出物を添削し自分の得意不得意分野を気づかせる、など個々人の育成に焦点をあてたプログラムを実施するため、顧客企業からの評価は高い。これまでBBTオープンカレッジ、学部、大学院の生徒や企業研修の生徒を合わせて、2万人以上の人たちに問題解決の考え方や実践の仕方、また成果実現の方法を学んでもらってきた。日系海外子会社の現地管理職に対して英語による問題解決研修も行っている。また2016年12月から「問題解決塾」を開講し、塾生の組織問題をテーマとして「問題解決法」を教え始めた。2018年からは、問題解決力検定協会にて、問題解決力検定試験を通じた問題解決者の育成を強化している

 
 

著書


小学館
実践!問題解決法
共著
平成15年5月

ゴマブックス
営業の問題解決スキル
単著
平成19年3月

ダイヤモンド社
【新版】問題解決の実学
単著
平成24年4月

ダイヤモンド社
はじめての問題解決力トレーニング
竹内さと子 共著
平成28年5月
*中国語版、台湾語版も発行されています
  
  
詳しいプロフィールはこちらをご覧ください

 
 

取締役 竹内さと子

 
竹内さと子
神戸大学卒
1996年 株式会社フォアサイト・アンド・カンパニー入社

2006~2007年 株式会社DeNAグループ戦略室にて買収企業のマネジメントや、一部上場のプロジェクトに参画

2016年 ビジネス・ブレークスルー大学 専任講師就任

2017年 株式会社フォアサイト・アンド・カンパニー取締役就任
一般社団法人問題解決力検定協会 理事に就任
 
 
 
マッキンゼー・アンド・カンパニーでスプリングリサーチを経験後、フォアサイト・アンド・カンパニーに入社。欧州肥料メーカーの日本参入戦略、不動産会社の事業コンセプトの設計、自動車ディーラーの財務モデルの設計や営業力強化、医薬品メーカーの環境分析、医薬品卸撤退戦略、パワーブランド会社の人材開発、教育産業の市場分析、エンターテイメント業界、サービス会社の人材開発戦略、化学会社の営業力強化および研究開発戦略、アパレル会社の競合分析などを行ってきた。

特に、製品市場分析、営業スタッフの販売効率評価、競合分析、顧客調査、などを得意分野とする。フランチャイズ本部向け「階層別経営手法」、コンサルタント会社に対してのコンサルタント育成研修をも行い、2016年からはビジネス・ブレークスルー大学専任講師として「チャートで考える技術」を教えている。
 

著書
はじめての問題解決力トレーニング.png

ダイヤモンド社

はじめての問題解決力トレーニング

齋藤顕一・竹内さと子 共著

平成28年5月

PC用amazonロゴ

*中国語版、台湾語版も発行されています