概要カリキュラム特徴講師受講環境受講者の声お申し込み
レベル 中級
時間 15時間
期間 120日
演習 なし
修了テスト なし
言語 日本語
料金 165,000円(税込)
  
  

プログラム作製に向けた想い

  
  

“問題解決はScienceでありArtである”

   
マッキンゼー日本の黎明期である1980年代からコンサルタントとして仕事をしてきましたが、この40年で“コンサルティング”は様変わりしました。業界が成長する過程で、コンサルティングは一般化し、仕事の内容は標準化・定型化され、重要課題を発見するのではなくソリューションを提供したりすることが中心になり、コンサルティングに携わる人も増えました。ただ、本来のコンサルティングとは、クライアント企業が業績を高めることができない本質的問題を発見し、それを解決するための施策を立案し、実際に実現を支援することでインパクトのある成果をもたらすものだと思っています。“普通のコンサルタント”が増えた今こそ、本当に、「クライアントのためになる」コンサルタントが増えることが日本企業にとって重要と考え、このプログラムを作成しました。
  
  

この講座で学べること
  • 本当のコンサルタントとしてどのように価値を提供すべきかのイメージが持てるようになる
  • 企業の本質的問題が発見のためのアプローチが理解できる
  • 問題を発見するための基本の能力(情報収集、分析、論理的思考)が身につく
  • コンサルタントとしてどのように成長すべきかが意識づけられる

  
  

こんな方におすすめ
  • コンサルタントの肩書で仕事をしているが、今のやり方がベストかがわからない方
  • コンサルタントとして活躍しているが、もっと深い提案を行えるようになるため、自分の能力をブラッシュアップしたい方
  • 起業/役員として経営に携わっているが、自分の事業のやり方に自信が持てない方
  • 経営企画として事業計画立案などに携わっているが、企業の本質的な課題解決提案には取り組めていない方

  
  

対象者

  
活躍中のコンサルタント/アナリスト・プランナー/起業家/企業の経営企画勤務/企業の経営者・役員・部長クラス
  
  

注意事項
  • 受講期間はお申し込みから120日間です。その間は何度でも講義視聴が可能ですが、期間終了後は視聴ができなくなります
  • 資料は重要なページの抜粋が配布資料としてダウンロードできます
  • 受講の権利はおひとりとなります。同一のアカウントで複数の方のご受講は禁止となります
1章 コンサルタントにとっての問題解決とは

  • コンサルタントの提供価値とは何か
  • 問題解決の重要性
  • コンサルティングのバリューチェーンを考える
  • コンサルタントの問題解決アプローチ
2章 企業の課題を正しく理解する

  • 課題のあたりづけとは何か
  • 自社の業績を理解し、市場の成長機会を理解する
  • 対象市場の状況と成長機会
  • VC上の重要課題を考える
  • インフラや人の重要課題を考える
  • 解決の方向性をイメージする
3章 コンサルタントに必要な能力~コンサルタントの情報収集~

  • 情報やデータの重要性を認識していない
  • どのように必要データを決定していくのか
  • 得にくい情報やデータをどのように得るのか
  • 基本の情報源を理解する
  • インタビューはどのように行うのか
4章 コンサルタントに必要な能力~データを分析する~

  • チャートで分析することの重要性
  • 分析の進め方とチャートの基本
  • 分析の視点と基本となるチャート1
  • 分析の視点と基本となるチャート2
5章 問題解決に必要な能力 ~論理的思考~

  • ロジックの全体像
  • フレームワークとは何か
  • 順序で考える
  • 帰納法で考える
  • MECEを理解する
  • 演繹的に考える
  • ストーリーラインを考える
6章 コンサルタントとしての生き方

  • コンサルティングのコツ
  • 成長を加速させる
  • 問題解決とは生き方である
  • eラーニングだから、PCでもスマホでも。場所を選ばずいつでもどこでも受講できます。
  • 元マッキンゼー人材育成指揮官であり、現在もコンサルタントとして活躍する齋藤顕一がメイン講師
  • コンサルティングに必須となる能力の集大成
  • 講師自身がコンサルタントとして実践している内容であり、受講後実務に活用しやすい

齋藤 顕一 Kenichi Saito

フォアサイト・アンド・カンパニー代表取締役
問題解決力検定協会代表理事
  
大阪府出身。国際基督教大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。人材育成責任者、パートナー、大阪支社副支社長を務め、1996年にフォアサイト・アンド・カンパニーを創業。これまで経営コンサルタントとして企業業績向上に取り組むとともに、問題解決力を強化する研修を数多く手がけ、企業の業績向上に大きな成果を上げてきた。
ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学において、2005年4月に大学院経営学研究科教授、2010年4月に経営学部教授に就任。すでに2万人上を指導。2016年の退任後も、問題解決塾、問題解決実学会、ようは会等、後進の問題解決者の指導に余念がない。2017年に一般社団法人問題解決力検定協会を創立。「問題解決力検定試験」を実施し、問題解決力の可視化を図ると同時に、合格者に資格を与えることで問題解決の考え方の伝播に努めている。▷プロフィール詳細はこちら
 
 

  

  
竹内さと子

竹内 さと子 Satoko Takeuchi

フォアサイト・アンド・カンパニー取締役
問題解決力検定理事
ビジネス・ブレークスルー大学専任講師
  
3章の3「基本の情報源を知る」と、4章「データの分析」を担当いたします。
静岡県出身。神戸大学法学部卒業後、フォアサイト・アンド・カンパニーに入社。齋藤とともに企業の業績向上コンサルティングプロジェクトに多数参画。プロジェクトチームメンバーの能力開発も担当しており、2016年からは、ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学において、「チャートで考える技術」として、データを分析し、そこから重要な課題を発見する方法を教えている。▷プロフィール詳細はこちら

動画はストリーミング再生のみです。動画をダウンロードしての受講はできません。
通信環境をご準備の上、ご受講ください。
  
受講にあたっては、下記の環境をご用意ください。
  
┃OS
Windows:7、8.1、10
Mac OS: X10.10、10.11、10.12
iOS: 9、10
Android: 4.4以降
  
┃メモリ
2GB以上
  
┃ユーザー画面 対応ブラウザ
Internet Explorer11、Firefox最新版、Safari最新版、Safari (iOS)、Chrome(Android)
  

  

  
ソリューションの形があれば売上をあげることはできるが、本当に付加価値をつけるためには、顧客の業績を上げるための活動が必要で、ソリューション型の企業はそれができていない。齋藤先生の、コンサルティングの考え方は、まさにプロフェッショナルサービスとしての在り方だと思います。「研修」ではなく、「実学」にこだわる部分、その軸足がしっかりしていて、一貫しているのが、他のプログラムとの違いだと思います。

(株式会社VSN VIコンサルティングオフィス 太田剛さん)

    
  

  

  
質問力で一番学んだのは、深い質問をするということももちろんあるけれども、クライアントに対する姿勢をどう持つのか。という部分でした。日本の下請け文化や、営業として気に入られたいとの想いで、自分がつい迎合してしまっていることに気づき、プロフェッショナルはそれをしてはいけないということに気が付きました。質問はトークスクリプトではなく、その人の考えを聞くことを通じて、対話し、課題に気が付くこともできるということが、質問の真髄だと思います。
  
大きく3つ考える、という思考の整理法が、コンサルティング活動を行ううえで、とても役になっています。クライアントと課題について討議をしている時、「瞬間的」に、どう考えるべきかを示さなくてはなりません。その時々のテーマに対して答えていかなくてはならないため、既存のフレームに当てはめるだけでは対応できない。演繹的に分解することや、自分でフレームワークを作る能力が、コンサルタントには不可欠だと思います。
    

(株式会社VSN Consulting事業本部 事業部長 桑山和彦さん)

  
  

  • クレジットカード決済と銀行振込がお選びいただけます
  • クレジットカード決済の場合、決済手続き完了後すぐに、ご受講のためのIDとパスワードが発行されます(詳しくは決済完了後のメールをご覧ください)
  • 銀行振込の場合は、お振込み確認後2営業日以内に、IDとパスワードを発行いたします
  • 海外からでもご受講いただけますが、地域により受講が難しい場合があるためお問い合わせください。受講環境確認のためのご案内をいたします

  

概要
レベル 中級
時間 15時間
期間 120日
演習 なし
修了テスト なし
言語 日本語
料金 165,000円(税込)
プログラム作製に向けた想い

  

“問題解決は
ScienceでありArtである”

  
マッキンゼー日本の黎明期である1980年代からコンサルタントとして仕事をしてきましたが、この40年で“コンサルティング”は様変わりしました。業界が成長する過程で、コンサルティングは一般化し、仕事の内容は標準化・定型化され、重要課題を発見するのではなくソリューションを提供したりすることが中心になり、コンサルティングに携わる人も増えました。ただ、本来のコンサルティングとは、クライアント企業が業績を高めることができない本質的問題を発見し、それを解決するための施策を立案し、実際に実現を支援することでインパクトのある成果をもたらすものだと思っています。“普通のコンサルタント”が増えた今こそ、本当に、「クライアントのためになる」コンサルタントが増えることが日本企業にとって重要と考え、このプログラムを作成しました。
  

この講座で学べること
  • 本当のコンサルタントとしてどのように価値を提供すべきかのイメージが持てるようになる
  • 企業の本質的問題が発見のためのアプローチが理解できる
  • 問題を発見するための基本の能力(情報収集、分析、論理的思考)が身につく
  • コンサルタントとしてどのように成長すべきかが意識づけられる

  

こんな方におすすめ
  • コンサルタントの肩書で仕事をしているが、今のやり方がベストかがわからない方
  • コンサルタントとして活躍しているが、もっと深い提案を行えるようになるため、自分の能力をブラッシュアップしたい方
  • 起業/役員として経営に携わっているが、自分の事業のやり方に自信が持てない方
  • 経営企画として事業計画立案などに携わっているが、企業の本質的な課題解決提案には取り組めていない方

  

対象者

活躍中のコンサルタント/アナリスト・プランナー/起業家/企業の経営企画勤務/企業の経営者・役員・部長クラス
  

注意事項
  • 受講期間はお申し込みから120日間です。その間は何度でも講義視聴が可能ですが、期間終了後は視聴ができなくなります
  • 資料は重要なページの抜粋が配布資料としてダウンロードできます
  • 受講の権利はおひとりとなります。同一のアカウントで複数の方のご受講は禁止となります
カリキュラム
1章 コンサルタントにとっての問題解決とは

  • コンサルタントの提供価値とは何か
  • 問題解決の重要性
  • コンサルティングのバリューチェーンを考える
  • コンサルタントの問題解決アプローチ
2章 企業の課題を正しく理解する

  • 課題のあたりづけとは何か
  • 自社の業績を理解し、市場の成長機会を理解する
  • バリューチェーン上の重要課題を考える
  • インフラや人の重要課題を考える
  • 解決の方向性をイメージする
3章 コンサルタントに必要な能力~コンサルタントの情報収集~

  • 情報やデータの重要性を認識していない
  • どのように必要データを決定していくのか
  • 得にくい情報やデータをどのように得るのか
  • 基本の情報源を理解する
  • インタビューはどのように行うのか
4章 コンサルタントに必要な能力~データを分析する~

  • チャートで分析することの重要性
  • 分析の進め方とチャートの基本
  • 分析の視点と基本となるチャート1
  • 分析の視点と基本となるチャート2
5章 問題解決に必要な能力 ~論理的思考~

  • ロジックの全体像
  • フレームワークとは何か
  • 順序で考える
  • 帰納法で考える
  • MECEを理解する
  • 演繹的に考える
  • ストーリーラインを考える
6章 コンサルタントとしての生き方

  • コンサルティングのコツ
  • 成長を加速させる
  • 問題解決とは生き方である
特徴
  • eラーニングだから、PCでもスマホでも。場所を選ばずいつでもどこでも受講できます。
  • 元マッキンゼー人材育成指揮官であり、現在もコンサルタントとして活躍する齋藤顕一がメイン講師
  • コンサルティングに必須となる能力の集大成
  • 講師自身がコンサルタントとして実践している内容であり、受講後実務に活用しやすい
講師

齋藤 顕一

フォアサイト・アンド・カンパニー
代表取締役
問題解決力検定協会代表理事

  
大阪府出身。国際基督教大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。人材育成責任者、パートナー、大阪支社副支社長を務め、1996年にフォアサイト・アンド・カンパニーを創業。これまで経営コンサルタントとして企業業績向上に取り組むとともに、問題解決力を強化する研修を数多く手がけ、企業の業績向上に大きな成果を上げてきた。
ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学において、2005年4月に大学院経営学研究科教授、2010年4月に経営学部教授に就任。すでに2万人上を指導。2016年の退任後も、問題解決塾、問題解決実学会、ようは会等、後進の問題解決者の指導に余念がない。2017年に一般社団法人問題解決力検定協会を創立。「問題解決力検定試験」を実施し、問題解決力の可視化を図ると同時に、合格者に資格を与えることで問題解決の考え方の伝播に努めている。▷プロフィール詳細はこちら
 
 

  

  
竹内さと子

竹内 さと子

フォアサイト・アンド・カンパニー取締役
問題解決力検定理事
ビジネス・ブレークスルー大学専任講師
  
3章の3「基本の情報源を知る」と、4章「データの分析」を担当いたします。
静岡県出身。神戸大学法学部卒業後、フォアサイト・アンド・カンパニーに入社。齋藤ともに企業の業績向上プロジェクトに多数参画。プロジェクトチームメンバーへのスキル構築も担当しており、2016年からは、ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学において、「チャートで考える技術」として、データを分析し、そこから重要な課題を発見する方法を教えている。▷プロフィール詳細はこちら

受講環境
動画はストリーミング再生のみです。動画をダウンロードしての受講はできません。
通信環境をご準備の上、ご受講ください。
  
受講にあたっては、下記の環境をご用意ください。
  
┃OS
Windows:7、8.1、10
Mac OS: X10.10、10.11、10.12
iOS: 9、10
Android: 4.4以降
  
┃メモリ
2GB以上
  
┃ユーザー画面 対応ブラウザ
Internet Explorer11、Firefox最新版、Safari最新版、Safari (iOS)、Chrome(Android)
  
受講者の声

帰納的・演繹的視点で捉え直し、
批判的に思考する習慣が身に付きました
航空会社・航空機整備部門
シニアマネージャー
佐川敬彦さん


  
  

  
株式会社VSN
VIコンサルティングオフィス 太田剛さん
  
ソリューションの形があれば売上をあげることはできるが、本当に付加価値をつけるためには、顧客の業績を上げるための活動が必要で、ソリューション型の企業はそれができていない。齋藤先生の、コンサルティングの考え方は、まさにプロフェッショナルサービスとしての在り方だと思います。「研修」ではなく、「実学」にこだわる部分、その軸足がしっかりしていて、一貫しているのが、他のプログラムとの違いだと思います。

  
  

株式会社VSN
Consulting事業本部 事業部長 桑山和彦さん
  
質問力で一番学んだのは、深い質問をするということももちろんあるけれども、クライアントに対する姿勢をどう持つのか。という部分でした。日本の下請け文化や、営業として気に入られたいとの想いで、自分がつい迎合してしまっていることに気づき、プロフェッショナルはそれをしてはいけないということに気が付きました。質問はトークスクリプトではなく、その人の考えを聞くことを通じて、対話し、課題に気が付くこともできるということが、質問の真髄だと思います。
  
大きく3つ考える、という思考の整理法が、コンサルティング活動を行ううえで、とても役になっています。クライアントと課題について討議をしている時、「瞬間的」に、どう考えるべきかを示さなくてはなりません。その時々のテーマに対して答えていかなくてはならないため、既存のフレームに当てはめるだけでは対応できない。演繹的に分解することや、自分でフレームワークを作る能力が、コンサルタントには不可欠だと思います。

お申し込み
  • クレジットカード決済と銀行振込がお選びいただけます
  • クレジットカード決済の場合、決済手続き完了後すぐに、ご受講のためのIDとパスワードが発行されます(詳しくは決済完了後のメールをご覧ください)
  • 銀行振込の場合は、お振込み確認後2営業日以内に、IDとパスワードを発行いたします
  • 海外からでもご受講いただけますが、地域により受講が難しい場合があるためお問い合わせください。受講環境確認のためのご案内をいたします