概要(大阪)プログラムスケジュールよくある質問講師受講生の声お申し込み
少人数型リアル講義  きめ細かい個別指導  理解から実践までをサポート   
  

“問題解決塾“で実践力を身につける

全50時間(懇親会含む)、対話形式で、しっかりと問題解決に必要な考え方を学びます。
大阪開催は、月2回程度、週末開催で、半年程度で実施します。
学びながら、個人のテーマでの演習も行い、単に問題解決力を理解するだけではなく実践までをサポートします。
普段の業務の取り組み方、アウトプットなどが大きく変化していきます。
2016年からスタートし、第10期までで91名の方にご参加いただいています。
*新型コロナウイルスの蔓延状況により、オンライン開催にする可能性もございます
  

日程 全8回 週末10時~16時45分
*詳しくはスケジュールをご覧ください
受講料 440,000円(税込), 銀行振込
定員 12名(最小催行人数10名)
会場 大阪市高速電気軌道 四つ橋線 四ツ橋駅徒歩1分(出口直結)
(会場詳細はお申し込み後にお送りします。)
参加方法 会場でのリアル参加またはWEBミーティング参加
※欠席された方・復習のため、当日のビデオは次の講義までWEB視聴できます
※参加申し込み人数が最小開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
  
  
  
  

講義

本質的問題の発見

問題解決に必要な考え方 情報の収集と分析 論理的思考
・問題解決のアプローチ
・企業の課題のあたり付けの方法
・情報の集め方
・質問力と対話力
・情報の分析の仕方
(チャートで考える技術)
・ロジックの全体像の理解
・フレームワーク/で順序/帰納法/ MECE/演繹的な考え方
・ストーリーラインの構築(提案・プレゼン資料の作成)

  
  

問題解決の施策立案と実践

戦略立案に必要な考え方 人を巻き込むための考え方
・バリューチェーン上の問題を理解する
・対象市場の特定化とセグメンテーション
・企業変革に必要なことは~企業の立て直しから学ぶ~
・問題解決者としてのリーダーシップ
・問題解決者としての生き方/学びの継続

  
  

個人課題

①個人テーマへの取組み

“まるで、学びながらコンサルティングを受けているよう”

テーマを決めて、期間内に個人課題に取り組んでいただきます。自分の会社部門の課題発見、あるいはやりたい事業の事業計画策定など、実際にご自身が取り組んでいるテーマを取り上げて、実際に問題解決のアプローチを実践して頂きます。講義で学んだことをもとに、ご自身のテーマについてチャートを作成し、提出し、講師と他の参加者と共に討議することで、学びを深めることができます。講義の流れに従い、目安の提出タイミングと内容は決めてありますが、ご自身のスケジュールで進めて頂いて構いません。最終回は、最終発表会として、希望された方に、資料をプレゼンテーションして頂きます。

これまでの個人テーマの例

  • 自分の所属する事業部門の問題発見
  • 自分の経営するクリニックの問題発見と戦略策定
  • 陶器アーティストのビジネスモデルの現状と課題分析
  • 日本の漁業流通における新規事業の機会の発見
  • 退職後の人生をどう生きるか

  
  

②質問力の実践

質問力の講義の後に、実際に自分の顧客などにインタビューを実施して頂きます。
質問と答えの対話の議事録をテキストで提出して頂き、どのように質問すればよいかをフィードバック&討議します。その方の質問の癖や、掘り下げる質問はどうするのか、が実践的に学べます
  
  
  

③チャートの作成

参加者の“チャート作成レベル”を判定するため、お申し込み後にエクセルのデータをお送りし、企業についての分析を行って頂きます。提出いただいた方には講師から個別のコメントを致します。また、講義の中でいくつかをサンプルとして共有させて頂きます

*宿題などでそれぞれの方のお仕事などについてふれていただくことがあるため、初回講義の際、皆さまに守秘義務契約書にサインして頂きます。公開できない情報は、事前にお知らせいただければ、講師のみのフィードバックと致します

*新型コロナウイルスの蔓延状況により、オンライン開催にする可能性もございます
  
第12期(大阪)スケジュール(PDF)   

日程 時間 講義内容 個人テーマ
1 6/12( 10:00-16:30(その後懇親会) ・キックオフ、オリエンテーションと問題解決の考え方(齋藤)
・個人テーマについての説明、事前課題へのコメント(竹内)
・チャート作成の事前課題提出
・個人テーマについての討議(当日講義内で説明)
2 7/3( 10:00-16:45 ・会社の重要課題を発見する(齋藤)
・ロジック全体像の理解、フレームワークと順序で考え整理する(齋藤)
(次回への宿題)カリスマ営業から学ぶということで、配布資料から、なにがカリスマを作ったのか成功のカギをまとめる
3 7/31( ・カリスマ営業からの学びについての討議(竹内)                        ・チャートで考える技術(竹内)
・情報収集の意味合いと効果的情報収集法(竹内)
(予習)自社が参入している市場について、どんな情報を普段利用しているかを理解してリスト化しておく
4 8/22( ・対象市場の特定化とセグメンテーション(齋藤)
・質問力と対話力(齋藤)
(次回への宿題)創業来初めて赤字に突入した企業の事例から、なぜ赤字になったのかの原因を考えてまとめておく
5 9/11( ・赤字企業の事例についての討議(齋藤)
・バリューチェーン上の問題点を理解する(齋藤)
・インフラ上、人の問題点を理解する(齋藤)
・参入市場のチャート提出
・自社(またはテーマ)のVCを書いて問題点を書き出して提出
6 10/2( ・順序で考える、帰納法の考え方に慣れる(齋藤)
・MECEをマスターする(齋藤)
(次回への宿題)倒産した企業の事例から、倒産した根本原因を考えまとめておく
7 10/23( ・倒産企業の事例についての討議(齋藤)
・演繹的な考え方に慣れてみる(齋藤)
・ストーリーラインの構築(齋藤)
・企業改革と改善、事例から学ぶ(齋藤)
最終発表資料決め
8 11/20( 10:00-16:45(その後懇親会) ・リーダーシップ、学びの継続(齋藤)
・最終個人課題発表会(齋藤・竹内)
・修了式
最終資料を提出

  
第12期(大阪)スケジュール(PDF)   

Eラーニング決定版問題解決力育成講座と問題解決塾のどちらを受ければよいでしょう
  • eラーニングは受講期間が1年と長く、豊富な演習もあります。ご自身でペースを作って、着実に学んでいける方にはeラーニングがおすすめです
  • 問題解決塾は、リアルな場(またはWEB参加)において、講師への質問や、参加者同士の討議が行えます。また、個人課題でご自身のテーマに取組み、それについてフィードバックを得られることも効果を高めます。学ぶ仲間が欲しい方、その場その場で質問しながら学んでいきたい方、ご自身が取り組みたい課題がある方にお勧めです
どのぐらいの頻度で開催されていますか
  • 東京開催は年2回程度、地方開催は不定期です。15人程度集まる可能性があれば、地方開催を実施できますので、ご希望があればお問い合わせください
  • 福岡での開催は現在検討中です。ご興味がある方は募集時にお知らせしますので、お問い合わせください
資料はもらえますか?
講義資料は重要なページが抜粋版として配布されます
欠席した場合はどうなりますか?
講義当日はビデオを撮っており、それを次回講義までの間にご視聴いただくことが可能です。
宿題が出せなくても構いませんか?
  • 宿題は任意課題ですので、ご提出いただかなくても構いません
  • 公開できない情報が含まれる場合は、講師のみがフィードバックすることも可能です
OBの特典などはありますか?
  • OBの方は、その後開催されている塾に聴講に来ることができます。人数の制限がありますので、事前にご相談ください
  • OB会が開催され、共に学ぶ人とのネットワークが構築できます
企業受講も可能でしょうか
企業から派遣して頂くことも可能です。お問い合わせください
*一部講義をOBが担当することがあります
  

齋藤 顕一 Kenichi Saito

フォアサイト・アンド・カンパニー代表取締役
問題解決力検定協会代表理事

大阪府出身。国際基督教大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。人材育成責任者、パートナー、大阪支社副支社長を務め、1996年にフォアサイト・アンド・カンパニーを創業。これまで経営コンサルタントとして企業業績向上に取り組むとともに、問題解決力を強化する研修を数多く手がけ、企業の業績向上に大きな成果を上げてきた。
ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学において、2005年4月に大学院経営学研究科教授、2010年4月に経営学部教授に就任。すでに2万人上を指導。2016年の退任後も、問題解決塾、問題解決実学会、ようは会等、後進の問題解決者の指導に余念がない。2017年に一般社団法人問題解決力検定協会を創立。「問題解決力検定試験」を実施し、問題解決力の可視化を図ると同時に、合格者に資格を与えることで問題解決の考え方の伝播に努めている。▷プロフィール詳細はこちら

  
  
  

竹内さと子

竹内 さと子 Satoko Takeuchi

静岡県出身。神戸大学法学部卒業後、フォアサイト・アンド・カンパニーに入社。齋藤とともに企業の業績向上コンサルティングプロジェクトに多数参画。プロジェクトチームメンバーの能力開発も担当しており、2016年からは、ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学において、「チャートで考える技術」として、データを分析し、そこから重要な課題を発見する方法を教えている。▷プロフィール詳細はこちら

下記リンク先のフォームより、お申込みください
 
問題解決塾(大阪) お申込みフォーム  

 
■個人情報取り扱いについて
当社は、ご提供いただいた個人情報につきましては、下記の目的の範囲内で取り扱いさせていただきます。

  • 問題解決塾の運営にあたり必要な連絡等を行うこと
  • 問題解決に関連する講座等のご案内、ようは会・実学会などのご案内などを行うこと
  • 当社のサービス改善または新たなサービス開発を行うこと
  • 当社はご提供いただいた個人情報につきましては、上記目的を達成するため、業務委託または提携先に預託する場合があります。
  • また、法令等に基づき、裁判所、警察機関などの公的機関からの開示の要請があった場合には当該公的機関に提供する事があります。


概要(大阪)
少人数型リアル講義 / きめ細かい個別指導 / 理解から実践までをサポート

  
  

“問題解決塾“で
実践力を身につける

全50時間(懇親会含む)、対話形式で、しっかりと問題解決に必要な考え方を学びます。
大阪開催は、月2回程度、週末開催で、半年程度で実施します。
学びながら、個人のテーマでの演習も行い、単に問題解決力を理解するだけではなく実践までをサポートします。普段の業務の取り組み方、アウトプットなどが大きく変化していきます。

2016年からスタートし、第10期までで91名の方にご参加いただいています。
  
*新型コロナウイルスの蔓延状況により、オンライン開催にする可能性もございます
  

日程 全8回 週末10時~16時45分
*詳しくはスケジュールをご覧ください
受講料 440,000円(税込), 銀行振込
定員 12名(最小催行人数10名)
会場 大阪市高速電気軌道 四つ橋線 四ツ橋駅徒歩1分(出口直結)
(会場詳細はお申し込み後にお送りします。)
参加方法 会場でのリアル参加またはWEBミーティング参加

※欠席された方・復習のため、当日のビデオは次の講義までWEB視聴できます
※参加申し込み人数が最小開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

プログラム

講義

本質的問題の発見

問題解決に必要な考え方
・問題解決のアプローチ
・企業の課題のあたり付けの方法
情報の収集と分析
・情報の集め方
・質問力と対話力
・情報の分析の仕方
(チャートで考える技術)
論理的思考
・ロジックの全体像の理解
・フレームワーク/で順序/帰納法/ MECE/演繹的な考え方
・ストーリーラインの構築(提案・プレゼン資料の作成)

  
  

問題解決の施策立案と実践

戦略立案に必要な考え方
・バリューチェーン上の問題を理解する
・対象市場の特定化とセグメンテーション
・企業変革に必要なことは~企業の立て直しから学ぶ~
人を巻き込むための考え方
・問題解決者としてのリーダーシップ
・問題解決者としての生き方/学びの継続

  
  
  

個人課題

①個人テーマへの取組み

“まるで、学びながらコンサルティングを受けているよう”

テーマを決めて、期間内に個人課題に取り組んでいただきます。自分の会社部門の課題発見、あるいはやりたい事業の事業計画策定など、実際にご自身が取り組んでいるテーマを取り上げて、実際に問題解決のアプローチを実践して頂きます。講義で学んだことをもとに、ご自身のテーマについてチャートを作成し、提出し、講師と他の参加者と共に討議することで、学びを深めることができます。講義の流れに従い、目安の提出タイミングと内容は決めてありますが、ご自身のスケジュールで進めて頂いて構いません。最終回は、最終発表会として、希望された方に、資料をプレゼンテーションして頂きます。

これまでの個人テーマの例

  • 自分の所属する事業部門の問題発見
  • 自分の経営するクリニックの問題発見と戦略策定
  • 陶器アーティストのビジネスモデルの現状と課題分析
  • 日本の漁業流通における新規事業の機会の発見
  • 退職後の人生をどう生きるか

  
  

②質問力の実践

質問力の講義の後に、実際に自分の顧客などにインタビューを実施して頂きます。
質問と答えの対話の議事録をテキストで提出して頂き、どのように質問すればよいかをフィードバック&討議します。その方の質問の癖や、掘り下げる質問はどうするのか、が実践的に学べます
  
  

③チャートの作成

参加者の“チャート作成レベル”を判定するため、お申し込み後にエクセルのデータをお送りし、企業についての分析を行って頂きます。提出いただいた方には講師から個別のコメントを致します。また、講義の中でいくつかをサンプルとして共有させて頂きます

*宿題などでそれぞれの方のお仕事などについてふれていただくことがあるため、初回講義の際、皆さまに守秘義務契約書にサインして頂きます。公開できない情報は、事前にお知らせいただければ、講師のみのフィードバックと致します

スケジュール
*新型コロナウイルスの蔓延状況により、オンライン開催にする可能性もございます
  

第1回

日程 6/12()10:00-16:30(その後懇親会) 講義内容 ・キックオフ、オリエンテーションと問題解決の考え方(齋藤)
・個人テーマについての説明、事前課題へのコメント(竹内)
個人テーマ ・チャート作成の事前課題提出
・個人テーマについての討議(当日講義内で説明)

  
  

第2回

日程 7/3()10:00-16:45 講義内容 ・会社の重要課題を発見する(齋藤)
・ロジック全体像の理解、フレームワークと順序で考え整理する(齋藤)
個人テーマ (次回への宿題)カリスマ営業から学ぶということで、配布資料から、なにがカリスマを作ったのか成功のカギをまとめる

  
  

第3回

日程 7/31()10:00-16:45 講義内容 ・カリスマ営業からの学びについての討議(竹内)
・チャートで考える技術(竹内)
・情報収集の意味合いと効果的情報収集法(竹内)
個人テーマ (予習)自社が参入している市場について、どんな情報を普段利用しているかを理解してリスト化しておく

  
  

第4回

日程 8/22()10:00-16:45 講義内容 ・対象市場の特定化とセグメンテーション(齋藤)
・質問力と対話力(齋藤)
個人テーマ (次回への宿題)創業来初めて赤字に突入した企業の事例から、なぜ赤字になったのかの原因を考えてまとめておく

  
  

第5回

日程 9/11()10:00-16:45 講義内容 ・赤字企業の事例についての討議 (齋藤)
・バリューチェーン上の問題点を理解する(齋藤)
・インフラ上、人の問題点を理解する(齋藤)
個人テーマ ・参入市場のチャート提出
・自社(またはテーマ)のVCを書いて問題点を書き出して提出

  
  

第6回

日程 10/2()10:00-16:45 講義内容 ・順序で考える、帰納法の考え方に慣れる(齋藤)
・MECEをマスターする(齋藤)
個人テーマ (次回への宿題)倒産した企業の事例から、倒産した根本原因を考えまとめておく

  
  

第7回

日程 10/23()10:00-16:45 講義内容 ・倒産企業の事例についての討議(齋藤)
・演繹的な考え方に慣れてみる(齋藤)
・ストーリーラインの構築(齋藤)
・企業改革と改善、事例から学ぶ(齋藤)
個人テーマ 最終発表資料決め

  
  

第8回

日程 11/20()10:00-16:45(その後懇親会) 講義内容 ・リーダーシップ、学びの継続(齋藤)
・最終個人課題発表会(齋藤・竹内)
・修了式
個人テーマ 最終資料を提出

  

よくある質問
Eラーニング決定版問題解決力育成講座と問題解決塾のどちらを受ければよいでしょう
  • eラーニングは受講期間が1年と長く、豊富な演習もあります。ご自身でペースを作って、着実に学んでいける方にはeラーニングがおすすめです
  • 問題解決塾は、リアルな場(またはWEB参加)において、講師への質問や、参加者同士の討議が行えます。また、個人課題でご自身のテーマに取組み、それについてフィードバックを得られることも効果を高めます。学ぶ仲間が欲しい方、その場その場で質問しながら学んでいきたい方、ご自身が取り組みたい課題がある方にお勧めです
どのぐらいの頻度で開催されていますか
  • 東京開催は年2回程度、地方開催は不定期です。15人程度集まる可能性があれば、地方開催を実施できますので、ご希望があればお問い合わせください
  • 福岡での開催は現在検討中です。ご興味がある方は募集時にお知らせしますので、お問い合わせください
資料はもらえますか?
講義資料は重要なページが抜粋版として配布されます
欠席した場合はどうなりますか?
講義当日はビデオを撮っており、それを次回講義までの間にご視聴いただくことが可能です。
宿題が出せなくても構いませんか?
  • 宿題は任意課題ですので、ご提出いただかなくても構いません
  • 公開できない情報が含まれる場合は、講師のみがフィードバックすることも可能です
OBの特典などはありますか?
  • OBの方は、その後開催されている塾に聴講に来ることができます。人数の制限がありますので、事前にご相談ください
  • OB会が開催され、共に学ぶ人とのネットワークが構築できます
企業受講も可能でしょうか
企業から派遣して頂くことも可能です。お問い合わせください
講師
*一部講義をOBが担当することがあります
  
齋藤顕一

齋藤 顕一

フォアサイト・アンド・カンパニー代表取締役
問題解決力検定協会代表理事

大阪府出身。国際基督教大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。人材育成責任者、パートナー、大阪支社副支社長を務め、1996年にフォアサイト・アンド・カンパニーを創業。これまで経営コンサルタントとして企業業績向上に取り組むとともに、問題解決力を強化する研修を数多く手がけ、企業の業績向上に大きな成果を上げてきた。
ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学において、2005年4月に大学院経営学研究科教授、2010年4月に経営学部教授に就任。すでに2万人上を指導。2016年の退任後も、問題解決塾、問題解決実学会、ようは会等、後進の問題解決者の指導に余念がない。2017年に一般社団法人問題解決力検定協会を創立。「問題解決力検定試験」を実施し、問題解決力の可視化を図ると同時に、合格者に資格を与えることで問題解決の考え方の伝播に努めている。▷プロフィール詳細はこちら
  
  
  
竹内さと子

竹内 さと子

静岡県出身。神戸大学法学部卒業後、フォアサイト・アンド・カンパニーに入社。齋藤とともに企業の業績向上コンサルティングプロジェクトに多数参画。プロジェクトチームメンバーの能力開発も担当しており、2016年からは、ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学において、「チャートで考える技術」として、データを分析し、そこから重要な課題を発見する方法を教えている。▷プロフィール詳細はこちら

受講生の声
  
  
  
  
  
  
  
  
お申し込み
下記リンク先のフォームよりお申し込みください
 
 

 
■個人情報取り扱いについて
当社は、ご提供いただいた個人情報につきましては、下記の目的の範囲内で取り扱いさせていただきます。

  • 問題解決塾の運営にあたり必要な連絡等を行うこと
  • 問題解決に関連する講座等のご案内、ようは会・実学会などのご案内などを行うこと
  • 当社のサービス改善または新たなサービス開発を行うこと
  • 当社はご提供いただいた個人情報につきましては、上記目的を達成するため、業務委託または提携先に預託する場合があります。
  • また、法令等に基づき、裁判所、警察機関などの公的機関からの開示の要請があった場合には当該公的機関に提供する事があります。