eラーニングで学ぶ「問題解決」

すでに2万人以上に指導してきた元マッキンゼーの人材育成責任者が自ら講義するeラーニング!現在、5つの講座を開講中。決定版問題解決力育成講座は、各章ごとの分割購入も可能になりました。学問ではなく実学をもとにした、自分を変える、会社を変える講座です。

  

  

講座名 内容 時間
問題解決力育成10時間講座   
問題解決力育成10時間講座は、問題解決をはじめて学ぶ方向けの基礎講座です。ビジネスにおいて問題解決は必須スキルと言われていますが、学校では教えてもらっていないし、本を読んでも分かりにくい。この、”問題解決”とはどのような考え方なのかを理解し、自部門や自分の会社の業績を上げるためにはどのような取り組みが必要なのかを学びます。
 
10時間 詳細
決定版問題解決力育成講座   
問題解決を自分の「実力」にしたい方向けの講座です。10時間講座よりもより具体的、網羅的に問題解決の全体像と各プロセスについて学びます。整理統合しまとめ上げるのに必要な考え方を学びます。また、豊富な演習を通じて、実際にご自身が学んだ考え方を身につけ、実践していただけるように構成されています。
  
43時間 詳細
特別講座 質問力と対話力   
質問力と対話力では、これまで深く考えてこられなかった顧客との対話の重要性と方法を教える講座です。相手の考えを引き出すことにより、相手も気が付かなかった組織や企業の課題に気が付き、解決のための道筋を拓きます。相手とどのように対話を行えば良いのか、良い質問とは何かを学びます。
  
3時間 詳細
ロジカルシンキング講座   
問題解決における重要スキル、ロジカルシンキングを学びたいとのご要望にお応えして、決定版 問題解決力育成講座の第6章-9章のみをまとめて受講いただけるように構成しました。論理的な考え方とは何か、フレームワークと順序、帰納法とMECE、演繹法とピラミッド構成の重要な4つの考え方と演習を学びます。
  
15時間 詳細
チャートで考える技術   
決定版 問題解決力育成講座の第5章を分割して作成したものです。本質的問題発見のプロセスは、情報を収集し、分析し、整理統合しまとめ上げることからなります。その、真ん中にあるのが“分析”です。“整理統合しまとめ上げる”ところに、フレームワークやMECE、帰納法やピラミッド構成といった「論理的思考」が必要なのと同じく、分析するためには、データを読み取るための技術が必要になります。チャートで考える技術は、考え方だけでは身につかないため、考え方を理解したうえで実際の演習に取組んでいただきます。
  
4時間 詳細

問題解決力育成10時間講座 (10時間)

問題解決力育成10時間講座は、問題解決をはじめて学ぶ方向けの基礎講座です。ビジネスにおいて問題解決は必須スキルと言われていますが、学校では教えてもらっていないし、本を読んでも分かりにくい。この、”問題解決”とはどのような考え方なのかを理解し、自部門や自分の会社の業績を上げるためにはどのような取り組みが必要なのかを学びます。

詳細

決定版 問題解決力育成講座 (43時間)

問題解決を自分の「実力」にしたい方向けの講座です。10時間講座よりもより具体的、網羅的に問題解決の全体像と各プロセスについて学びます。整理統合しまとめ上げるのに必要な考え方を学びます。また、豊富な演習を通じて、実際にご自身が学んだ考え方を身につけ、実践していただけるように構成されています。

詳細

特別講座 質問力と対話力 (3時間)

質問力と対話力では、これまで深く考えてこられなかった顧客との対話の重要性と方法を教える講座です。相手の考えを引き出すことにより、相手も気が付かなかった組織や企業の課題に気が付き、解決のための道筋を拓きます。相手とどのように対話を行えば良いのか、良い質問とは何かを学びます。

詳細

ロジカルシンキング講座 (15時間)

問題解決における重要スキル、ロジカルシンキングを学びたいとのご要望にお応えして、決定版 問題解決力育成講座の第6章-9章のみをまとめて受講いただけるように構成しました。論理的な考え方とは何か、フレームワークと順序、帰納法とMECE、演繹法とピラミッド構成の重要な4つの考え方と演習を学びます。

詳細

チャートで考える技術 (4時間)

決定版 問題解決力育成講座の第5章を分割して作成したものです。本質的問題発見のプロセスは、情報を収集し、分析し、整理統合しまとめ上げることからなります。その、真ん中にあるのが“分析”です。“整理統合しまとめ上げる”ところに、フレームワークやMECE、帰納法やピラミッド構成といった「論理的思考」が必要なのと同じく、分析するためには、データを読み取るための技術が必要になります。チャートで考える技術は、考え方だけでは身につかないため、考え方を理解したうえで実際の演習に取組んでいただきます。

詳細